診療のご案内

  • ドパミン効果主体のうつ病治療
  • 過食・自傷行為・薬物大量服用の治療
  • 当院の院内処方への想い
  • 若い女性の方への治療の注意点
  • うつ病・うつ状態
  • 難治性のパニック障害
  • 高齢者のうつ病
  • 子育て不安と産後うつ症状
  • アルコール依存症
  • 衝動性のある
パ-ソナリティ-障害
  • 対人恐怖・対人緊張
  • 統合失調症と急性一過性精神病性障害
  • 自律神経機能不全症状を伴う各種神経症
  • 慢性疼痛(持続性身体表現性疼痛障害)
  • 心気症(心気障害)
  • 高齢者の全身のしびれ・ふらつき等
  • デイケア
  • カウンセリング
  • 精神保健・福祉相談
診療のご案内

何か「おかしいな」と思ったら、一人で悩まず、まずはお気軽にお問い合わせください。
症状が強くなる前にご来院頂くことで重症化を回避できることは、心も身体も同じです。

患者さまの様々なストレスから生じる不安や心の痛み、身体の不調あるいはご家族や大切な方についての心配なことを相談されて、心も身体もリフレッシュされますように、お手伝いさせて頂きたいとの思いで、お待ちしております。

対象となる症状・疾患

  • こころの不調

    • イライラする
    • 不安が強い
    • 涙が止まらない
    • 落ち込み、やる気が起きない
    • 物忘れが目立つ
    • 集中力が低下している
    • 根気が続かない、落ち着かない
    • 興味、喜びを喪失している
    • 生きがいがない
    • 会社や学校に行けない、家から外に出られない
    • 満員電車やバス、人混みが怖い
    • 人前で緊張して話せない
    • 夜中に気分が高揚して眠れない
    • 一つの事が気になり他の事が出来ない
    • 人に見られている
    • 人から悪口を言われている
    • 自分の中にもう一人の自分がいる
    • 感情が抑えられなくて自分を傷つけてしまう
    • 買い物をし過ぎてしまう
    • お酒を止められない
    • ギャンブルを止められない
  • からだの不調

    • 眠れない
    • 一日中、眠い、朝起きられない
    • 疲れやすい、からだがだるい
    • 食欲、体重が落ちた
    • 食べ過ぎて、はいてしまう
    • 吐き気、胃が痛い
    • 下痢、便秘を繰り返す
    • 動悸がする、胸が苦しい
    • 息切れ、息が苦しい
    • めまい、ふらつき、耳鳴り
    • 頭が痛い、肩こりが強い
    • 手足の汗がひどい
    • 赤面する
    • 手のふるえ、手のしびれ
    • 足がむずむずする
    • 顔がぴくぴく引きつる

うつ病・うつ状態、躁うつ病(双極性感情障害)、持続性気分障害、適応障害、身体表現性障害、心気症、自律神経機能不全、パニック障害、社会不安障害(社交不安障害)、恐怖症性不安障害、強迫性障害、パーソナリティー障害(人格障害)、チック障害、急性一過性精神病性障害、統合失調症、統合失調感情障害、アルコール依存症、ギャンブル依存症(病的賭博)、てんかん など

対象となる症状・疾患

精神科診療に携わる医師の心構え、原点として、ご来院された患者さまの不安や様々なストレスから生じる心の痛みや身体の不調を、まずはゆったりとした空間でお伺いさせて頂きたいとの思いで、お待ち申し上げております。

診療時間について

診療時間 日・祝
9:00-12:00 9:00-11:30
13:30-15:30 13:00-14:30
17:00-18:30

休診日:木曜・日曜・祝祭日

ご来院される患者さまへのお願い

初診患者さま

初診患者さまは予約制のみとさせて頂いております。
受診をご希望される患者さまは、まずは電話にて、ご予約の日時をご相談されてください。

再診患者さま

診療受付時間内に随時、ご来院ください。
診療受付時間を過ぎての受付けは、お受け出来ません。
ご理解の程お願い申し上げます。

夜間診療

火曜日のみです。

土曜日の診療

午前・午後の診療受付時間が平日と異なりますので、ご注意ください。

当院までのアクセス

当院までのアクセス

1アゼリア地下街36番出口を出て、右手に「元さいか屋」を見て道なりにお進みください。

  • アゼリア地下街36番出口を出て
  • 右手に「元さいか屋」を見て道なりにお進みください。

2「CINE CITTA通り」を渡り、4店舗目の『回転寿司 大江戸』の隣のビルの4階が当院です。

  • 「CINE CITTA通り」を渡り
  • 4店舗目の『回転寿司 大江戸』の隣のビルの4階が当院です。
  • 安定剤・抗うつ剤に頼らない治療

    当院では精神安定剤(抗不安薬)・抗うつ薬などの処方を慎重に検討し、診療にあたっております。

  • セロトニン抗うつ剤以外の治療

    以前のような安定した日常生活や社会生活へと卒業されて行かれることが精神科医師としての至上の喜びです。

  • ドパミン効果主体のうつ病治療

    ドパミン効果主体のうつ病治療の必要性・目的および効果についてご説明します。

  • 過食・自傷行為・薬物大量服用の治療

    過食・自傷行為・薬物大量服用の原因や治療法について記載しております。

  • 当院の院内処方への想い

    当院では、診察室で他の患者さまには聞かれずに、より安全なお薬を処方していることお薬一つずつについて手に取りお見せして説明いたしております。

  • 若い女性の方への治療の注意点

    当院では患者さまが自身からこの苦境を乗り越えられるように、お話をゆっくり伺います。

  • うつ病・うつ状態

    うつ的な悩みを抱いたり、うつ状態が続いている場合は、専門家に相談されることが必要です。何か「おかしいな」と思ったら、一人で悩まず、お気軽にお問い合わせください。

  • 難治性のパニック障害

    ジェイゾロフト等のSSRI(抗うつ剤)使用を望まない、あるいは使用効果不良で症状が改善しない方へ。

  • 高齢者のうつ病

    一般的な抗うつ剤治療では、副作用が出やすいので、慎重な薬物治療が必要となります。

  • 子育て不安と産後うつ症状

    当院では子育て不安、マタ-ニティ・ブル-ズ、産後うつ病の治療にも積極的に取り組んでいます。

  • アルコール依存症

    自分だけではお酒を止めるのはとても大変です。医師のサポートを受けながら治療に取り組みましょう。

  • 衝動性のある
パ-ソナリティ-障害

    一人での解決は難しいので、学校の先生、保健師、カウンセラ-、医師にご相談ください。

  • 対人恐怖・対人緊張

    数カ月でお薬の補助をされなくても自信を持って対人関係を積極的に造り上げ、楽しめるようになります。

  • 統合失調症と急性一過性精神病性障害

    統合失調症の内、クリニックで診察・治療する症例は主に妄想型統合失調症です。

  • 自律神経機能不全症状を伴う各種神経症

    広場恐怖症や社会恐怖症(社会不安障害・社交不安障害) 、身体表現性自律神経機能不全などについて。

  • 慢性疼痛(持続性身体表現性疼痛障害)

    慢性疼痛(持続性身体表現性疼痛障害)でお悩みなら一度ご相談ください。

  • 心気症(心気障害)

    心気症は「大病にかかっている」という恐怖感を持ったり、「本当に私は病気なんだ」と思い込んだりします。

  • 高齢者の全身のしびれ・ふらつき等

    高齢の方などで、全身のしびれ感・全身の震え・ふらつき・めまい・耳鳴に悩まれている症状について。

  • デイケア

    利用する皆さんにとって居心地の良い場所、より良い生活を送るための目標作りやその実現に向けてサポートしていきます。

  • カウンセリング

    当院では医師がカウンセリングを必要であると認めた患者さまに対して、臨床心理士によるカウンセリングを行っております。

  • 精神保健・福祉相談

    精神保健、福祉などのご相談について相談員(精神保健福祉士)がお話をお伺いいたします。

かかりつけの病院をアプリでひとつに!
page top